企業業績の拡大

社内

生産人口の減少

日本ではグローバルな経済状況の改善の恩恵もあり企業業績の改善に応じて、雇用が拡大しており貸事務所のニーズが増加しています。一方、生産人口の減少が顕著となっており人材の確保が重要な経営課題となっております。千代田区は都心三区に位置しており、従来からビジネスの中心的な役割を示しておりましたが、最近は交通アクセスの改善によって利便師が増加しており、千代田区の位置づけも上昇傾向を示しています。最近の貸事務所に求められるスペックとしては東日本大震災以降安心安全面での対応が重要になっています。貸事務所でも設備の充実度によって賃貸料が大きく異なる傾向を示しており、旧耐震の古い小規模な貸事務所はテナントの誘致に苦戦をしています。千代田区で最近開発が進んでいる貸事務所はワンフロワー当たりの面積は広く作業効率が向上する建物となっています。IT機器の発達によってコミュニケーションの方法は多様化していますが、最終的にはフェ―スツーフェースの関係が求められるためです。また、千代田区でも首都直下型地震への対応が不可欠となっているため、震災対策としての72時間自家発電や備蓄設備の設置が貸事務所でも必要になっています。災害時には宿泊できるような共用部の設置も貸事務所としての差別化として有力です。環境に対する配慮も貸事務所にとっては重要な要素となっており、千代田区にはこうしたことに重きを置き企業が多いので省エネ設備の導入は不可欠です。

Copyright© 2018 貸事務所で契約しちゃおう【安心して申し込みできちゃう】 All Rights Reserved.