事務所手配の検討

男性

双方の特徴を理解する

大阪で起業する場合に検討しなければならない要素の一つとして、事務所の手配が挙げられます。自宅の一部を事務所とする方法もありますが、今回は自宅とは別に大阪に事務所を構える場合を考えてみます。これから事業を始める際には、レンタルスペースや貸事務所を活用する手段があります。大阪にも存在していますので、双方の特徴を見ていきましょう。レンタルスペースは、ビジネスを行う上で最低限必要な備品やインフラが整備されています。そのため、業務に必要な設備の購入、電話やインターネットの回線の手配などに必要な費用や手間暇を省くことができます。また、駅前など大阪の中でも好立地である場合が多く、自身の通勤やお客様の訪問に便利なのが利点です。一方、貸事務所を利用する場合はレンタルスペースに比べて社会的な信用度が高いのが特徴です。事業を行う上では金融機関から融資を受ける局面を迎えることもありますが、その審査において信用度の高さが有利に働きます。また、月々の賃貸料がレンタルスペースに比べて低額であるため、長期的には貸事務所を利用した方がコストメリットの恩恵を受けることが可能です。レンタルスペースと貸事務所にはそれぞれこのような特色がありますから、自身が手がけるビジネスのフェーズに合わせて、使い分けてみてはいかがでしょうか。つまり、個人や少人数での起業を考えている場合、初期投資を抑えるために初めはレンタルスペースを利用し、軌道に乗り始めたら貸事務所に移転するのです。

Copyright© 2018 貸事務所で契約しちゃおう【安心して申し込みできちゃう】 All Rights Reserved.