都心で事務所を借りる

女性

ランニングコストを抑える

不動産屋で貸事務所を借りると、敷金や礼金、仲介手数料がかかります。家賃の6ヶ月分は契約時にかかるとされ渋谷のような都心の一等地だと家賃も非常に高いです。渋谷で事務所を借りることができたのはいいものの、家賃などの固定費が高く開業してから1年〜2年程度で事務所を移転してしまうといった企業もあります。また、費用は家賃以外にもOA機器、ビジネス用のデスクや椅子も揃えなければならず、内装工事もして使いやすいようにしなければなりませんから渋谷で開業すると初期費用が高くついてしまいます。それがレンタルオフィスであれば、渋谷でもランニングコストを抑えてオフィスを開業することができます。レンタルオフィスのメリットは、デスクや椅子、電話など部屋ごとに付いています。さらに、インターネットは無料で使え光熱費なども利用料金の中に含まれています。そして、渋谷など立地条件がよく駅からのアクセスも良好なところにレンタルオフィスがあります。地価の高い所に事務所を借りるとなったら、通常の貸事務所なら豊富な自己資金がないと難しいですがレンタルオフィスなら、地価の高い場所でも住所を持つことができるので、立地環境の良い場所で最初からビジネスをスタートさせることができます。また、レンタルオフィスは部屋のタイプも複数用意されています。事業拡大に応じて部屋のスペースを広い場所に移ることも可能です。オプションになりますが、必要に応じて電話対応や会議室の利用、郵便代行なども行うことができます。

Copyright© 2018 貸事務所で契約しちゃおう【安心して申し込みできちゃう】 All Rights Reserved.